腸内フローラについて


平均寿命がますます延びている昨今、いつまでも元気でいられるようにとアンチエイジングの必要性が高まっています。健康や美容を追求する際に「身体の中から健康になろう」「身体の中からきれいになろう」といった声もさかんに聞こえてきます。そのような流れに乗って、「腸内環境を整えたい」という意見もすっかりおなじみになりました。そんな中「腸内フローラ」も知名度が高まっています。腸内フローラを利用するなら、どんなことに気を付ければいいのでしょうか? 

腸内フローラとは

人間の腸は、口にした飲食物から栄養分を吸収するという重大な役目を担っている臓器です。この腸の内部には、膨大な細菌が住み着いているのですが、腸の壁に列をなして張り付いています。腸内を、医療機器等を使って覗き込むと、その細菌の様子がまるで花の大群のように見えるため、「腸内フローラ」という名前がつきました(「フローラ」とは英語で「花畑」を意味します)。


腸内フローラのメリット

腸内に住む最近の大群は、人体において欠かせない存在です。食物から栄養分を取り出して、体内に吸収する過程において大きく貢献しています。また、病原菌等から腸を保護する上でも重要な役割を果たしています。

なお、これらの機能は主に腸内フローラに潜む「善玉菌」が持っています。善玉菌の活動が弱まってしまうと、腸内環境が悪化する一因になり得ます。

善玉菌には、いわゆる「悪玉菌」の活動を抑制するという役割もありますね。腸内には「善玉菌」「悪玉菌」、そして、そのどちらにも属さない「日和見菌」がいるのですが、健康の向上を目指す上では、善玉菌の活動を促進して悪玉菌の増殖を妨げることが求められます。

腸内フローラのデメリット

腸内フローラに重大なデメリットがある、とはいえません。ただし、悪玉菌が増えたり活発になったりしてしまうと、困った結果になる恐れがあります。悪玉菌には人体にとって有毒な物質を生み出す機能があるからです。その結果、免疫機能の低下をもたらしたり、生活習慣病の悪化につながったり......といった事態になることがあるのです。慢性的な便秘になるリスクもあります。

しかし悪玉菌にも、さまざまな栄養分を分解するといった人体に有益な機能が備わっています。したがって悪玉菌をむやみに敵視するべきではありません。悪玉菌は、一定数は必要です。あくまでも悪玉菌が増えないようにすることが腸内環境の維持・向上で必要なことなのです。

【タグ一覧】 口コミ6 クリクラ4 UNIMAT2 クリティア2 主婦2 会社2 IZUMIO1 アクアクララ1 シャインウォーター1 ヴィフォンテーヌ1 大分県1 広島1 水素水1 鹿児島1 AQUWISH1